検査結果と治療歴

【人工授精・タイミング法】2018年上半期の不妊治療費

今年も残すところあと3カ月弱…

去年は不妊治療でまさかの100万超えの費用がかかりましたが、今年はお金のかかる顕微授精はお休み。タイミング法と人工授精だけで挑んできました。

あおい
あおい
タイミング法と人工授精ならそこまでお金はかかってなさそう~

とは思いつつ、どのくらい医療費を払ったのか気になったので、その月の治療を振り返りながらまとめてみました。

今回まとめたのは2018上半期(1月から6月まで)の分です。

2017年不妊治療費合計
2017年にかかった不妊治療費と治療内容の振り返り2017年は顕微授精を行ったり流産を経験したりと、激動の一年でした。 我が家のお財布にもかなりダメージをくらいました(笑)。 今...

1月にかかった不妊治療費

通院1回目卵胞チェック+薬4,230円
通院2回目不妊カウンセリング+薬2,560円
通院3回目卵胞チェック1,850円
通院4回目卵胞チェック+薬(ゴナール)27,040円
合計35,680円

 

1月の不妊治療振り返り

1月はゴナールを使用してのタイミング法でした。(2017年12月から2018年1月にかけて周期がまたがっています)

通院回数が少なく、卵胞の発育が順調だったことが分かります。

残念ながら生理がきてしまったので、4回目の通院で次周期用のゴナールが処方されました。(ちなみに私の1周期あたりのゴナールの投与量は平均して1,500単位ほどです)

あおい
あおい
3割負担とは言え、薬価が高い薬剤なので家計への負担もなかなかです

 

2月にかかった不妊治療費

通院1回目血液検査4,150円
通院2回目卵胞チェック2,160円
通院3回目カウンセリング1,510円
通院4回目卵胞チェック+薬(ゴナール)22,760円
合計30,580円

 

2月の不妊治療振り返り

2月も1月と同じくゴナールを使用してのタイミング法。通院回数は4回。

暑い時期よりも寒い時期の方が卵胞の発育が早いという噂を聞いた事がありますが、確かに私も寒い時期の方が発育が良いようです。

ゴナールで卵胞が順調に成長し、生理周期も30日とちょうど良かったです。

 

3月にかかった不妊治療費

通院1回目卵胞チェック4,150円
通院2回目卵胞チェック2,160円
通院3回目カウンセリング1,510円
通院4回目人工授精21,600円
合計31,070円



3月の不妊治療振り返り

3月からは人工授精にステップアップ。この周期もゴナールを使用しました。(自宅にまだ未使用のゴナールがあったので新規処方はなし)

ステップアップと言っても2016年、2017年にかけて既に4回トライしていたので治療を戻しただけ。

なので特に新しい治療に挑んだわけではないですが、久しぶりの人工授精は少し緊張しました(笑)。

でも結果は当たり前のごとく陰性~…

 

4月にかかった不妊治療費

通院1回目診察+薬(ゴナール)17,270円
通院2回目卵胞チェック1,810円
通院3回目卵胞チェック1,650円
通院4回目診察+薬1,620円
通院5回目人工授精21,800円
通院6回目カウンセリング1,290円
通院7回目診察+検査+薬6,120円
通院8回目卵胞チェック1,650円
通院9回目診察840円
合計54,050円

 

4月の不妊治療振り返り

あおい
あおい
3月に実施した人工授精直後から四肢に紫斑が出始め、それに加えて発熱の症状も !

血液検査の結果、血小板の数値が極度に低下しており、かつ不育症治療の為に服薬している血栓予防のバイアスピリンの影響で体にダメージが出ているとのこと。

さらに、特発性血小板減少性紫斑病(難病)の疑いが出始め、落ち着いたら精密検査をすることになりました…。

 

人工授精2回目。通院回数は合計9回。3日に1回は病院に行っていた計算になります。

こういうとき『時間に余裕のある主婦で良かったー』とつくづく感じました。

 

5月にかかった不妊治療費

通院1回目卵胞チェック+薬3,530円
通院2回目人工授精+薬26,770円
通院3回目カウンセリング1,510円
通院4回目診察+薬3,810円
合計35,620円

 

5月の不妊治療振り返り

紫斑、発熱も発症から3週間後には治まり、5月の周期へ。

しかし3回目の人工授精も惨敗。

 

そろそろ顕微授精に戻った方が…

と医師からも言われ、今後の治療について悩む日々。

しかし、2017年の顕微授精で貯金を全部使い果たしてしまいお金がなかったので、2018年はこれ以上のステップアップは諦めることに。

 

6月にかかった不妊治療費

通院1回目卵胞チェック1,810円
通院2回目卵胞チェック3,990円
通院3回目カウンセリング1,650円
通院4回目人工授精+薬22,330円
通院5回目カウンセリング1,510円
通院6回目診察+薬1,710円
合計33,000円

 

6月の不妊治療振り返り

毎月全力で不妊治療に挑むものの、ことごとく陰性が続きちょっとめげてしまった6月。

ホルモン薬漬けになってしまった体を休ませるためにもゴナールの投与を中止して、代わりにクロミッドを服用することに。

心配していたクロミッドの副作用(子宮内膜が薄くなる作用)も現れず、意気込んで4回目の人工授精に挑んだもののあえなく陰性。

あおい
あおい
私本当に生産性のない女だ…

 

2018年上半期にかかった不妊治療費の合計は…

1月35,680円
2月30,580円
3月31,070円
4月54,050円
5月35,620円
6月33,000円
合計222,000円

 

2018年上半期にかかった不妊治療費は22万円でした。

 

正直、2017年の医療費があまりにも高すぎたので22万円という数字を見た瞬間『やっすー !』と感じてしまいましたが、普通の人ならかからないお金。

私は周りの人よりも妊娠の為に半年で22万円も使ったんだ…と考えると、やっぱり不妊治療って辛い。

22万円もあったら何ができただろう、どこへ行って何を買って何を食べられただろう。

あおい
あおい
考えさせられます…