妊活アイテム

不妊治療中の私がおすすめする妊活サプリ!ビタミンE、D、葉酸、DHA

妊活サプリおすすめ

結婚してから6年目、不妊治療を本格的に始めてから今年で4年目になりました。

妊活を意識し始めてから、自分で取り組んだ妊活の一歩目はサプリを飲むこと
基礎体温は忘れる事も多々ありましたが、サプリだけは欠かさずに毎日継続して飲んでいます。

今回は妊活4年生の私が、普段飲んでいる妊活のためのサプリをご紹介します。

あおい
あおい
これから不妊治療を始めようと思っている方の、サプリ選びの参考になれば嬉しいです

この記事では論文や研究などを参考にしていますが、医療従事者監修の記事ではありません。実際に私が試した際の体験談や考えをまとめたものです。医学的に気になる点があればかかりつけの医師、もしくは薬剤師などにご相談ください。

 

スポンサーリンク

不妊治療中の私が飲んでいる妊活サプリ4種

2018年8月現在、私が飲んでいるサプリは

  1. 葉酸(ワカサプリ)
  2. ビタミンE(ディアナチュラ)
  3. ビタミンD(ネイチャーメイド)
  4. EPA&DHA(ネイチャーメイド)

の4種類です。

いずれもドラッグストアやネット通販で販売されているもので、簡単に手に入れる事ができます。

今までいろいろなサプリを試し、多い時には一度に7種類のサプリを摂取していましたが、今はこの4種類のみを飲んでいます。

妊活サプリの形状・味

私が飲んでいるサプリはこのような見た目です☟
(写真暗くてすみません)

一番左側にある、ネイチャーメイドのEPA&DHAは粒サイズが大きめなので、人によっては飲みにくいかもしれません。

 

サプリの味(臭い?)は大体どこのメーカーさんのものでも、飲んだ際に以下のような共通点がありました。

  • ビタミンD → 無味無臭
  • ビタミンE → 無味無臭
  • 葉酸 → 鉄臭い・苦い(血のような鉄のような味)
  • EPA&DHA → 魚臭い・生臭い
もちろん、中には飲みやすさにこだわったサプリを販売しているメーカーさんもありますので、毎日飲み続けられるサプリを探してしみてください!

続いて、私が飲んでいるサプリ4種について特徴などをご紹介します。

おすすめ妊活サプリ ①葉酸

まず始めに、妊活するなら絶対飲むべきサプリは葉酸
葉酸は妊活のお供と言えるぐらい、赤ちゃん待ちをしている人は必ず飲むべきサプリです!

このブログを読んでいるベビ待ち読者さんで、葉酸を飲んでいないという方は今すぐ葉酸サプリを買いましょう!

妊娠に対する葉酸の重要性

赤ちゃんは妊娠に気付くか気付かないくらいの妊娠初期の時期に、猛スピードで成長しています。そして、実はこの時に赤ちゃんの成長をサポートしてくれるのが葉酸。

葉酸は妊娠前から摂取する事が重要です。

妊娠前から葉酸を摂取していると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害などの重い先天性障害のリスクを約7割も減らすことがわかっています。

 

また、着床した受精卵が適切に細胞増殖をするのをサポートする効果も期待出来たり、女性だけではなく男性不妊にも効果的なサプリです。

このことから、葉酸は夫婦で一緒に摂取することをおすすめします。

妊娠を目指す人の葉酸の摂取量目安

葉酸の摂取量は1日あたり0.4㎎=400㎍が目安とされています。

サプリに頼らず食事で摂るわ!

という人もいるかもしれませんが、

葉酸は熱に弱く水溶性であるために茹でると成分が溶けだしてしまい、
食事で効率的に摂取する事は難しいです。

 

また、2000年に旧厚生省から

「栄養補助食品(サプリメント)を利用して、しっかりと葉酸を摂りましょう」

というお達しも出ているので、ぜひ葉酸サプリを飲んで積極的に葉酸を摂取しましょう。

 

 

【2019年1月追記】

2019年から葉酸サプリを妊活サプリ【makana(マカナ)】に変えました!


makana(マカナ)に変えた理由は、妊活にいいと言われる

  • 国産マカ
  • 還元型コエンザイムQ10
  • スピルリナ
  • ビタミン、ミネラル、アミノ酸

これらの成分がすべて含まれているから!

 

マカナに含まれる妊活に必要な成分
マカナ配合成分

 

本当はマカ、還元型コエンザイムQ10、スピルリナ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、それぞれ単体のサプリを買って飲もうとしたのですが、以下の理由でやめました。

× 一度にサプリを十何粒も飲むのはキツい!
ただでさえ朝昼晩、処方薬を飲んでいるのにサプリでこれ以上負担増やしたくない!

× お金がかかる!
欲しい成分のサプリを全部買って飲むとなると、最低でも2万円はかかる計算…(汗)。

 

そこで選んだのが、

妊活中女性の支持率No.1のmakana(マカナ)

 

マカナなら1日たったの4粒だけ。
でも、この4粒に妊活女子に嬉しい成分がぎゅっと配合されています

マカナパッケージ

マカナは不妊治療専門クリニックの医師から推奨コメントをもらっており、その先生ご自身も、高齢出産を経験されたそうです!おめでたいですね~!

あおい
あおい
不妊治療専門の病院の先生が推奨するサプリなら安心して飲めそうな気がしますよね♪
私もその理由に後押しされてマカナを選択しました!

 

マカナの粒は小さめで表面がつるっとしているため飲みやすいです。

1円玉と比べてみてもこの大きさ↓

マカナ1円玉と比較

 

マカナには鉄や大麦若葉なども含まれているので、

あおい
あおい
鉄臭いかな…?
草っぽい味するのかな…?

と少し不安でしたが、飲んでみたらほぼ無味無臭

妊活サプリって、口に入れた瞬間鉄臭っ!ってなるものが多いのですが…
マカナは口に入れてからすぐ溶け出さないので、苦みにおびえて焦って水を飲む必要もありませんでした。

私個人的には、かなり飲みやすいサプリだと思います!

 

 

マカナは定期便コースの申し込みで、通常販売価格6,580円が3,980円で注文できます。
(2回目以降も10%オフの5,980円なのでちょっとお得です)

そしてマカナには、定期購入サプリによくありがちな回数縛りがありません。
なので、もしも体に合わない場合はすぐに解約が出来ます。

マカナ3,980円

 

マカナはこんな人におすすめ
  • あれこれいろんな成分が入ったサプリが良い
  • 妊活初心者でサプリ選びに悩んでいる
  • 夫婦で一緒に飲みたい

 

妊活サプリを飲んでいない人も、今飲んでいるものから替えたい人にも!
定期縛りのない、気軽に試せるマカナはおすすめです!

makana(マカナ)の詳しい情報はこちらから▽

 

ちなみに今まで飲んでいた葉酸サプリはワカサプリさんのものです↓

created by Rinker
ワカサプリ
¥2,400
(2019/10/22 18:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ妊活サプリ ②ビタミンE

次に紹介するのはビタミンE

ビタミンEは美容に詳しい方などの間で若返りビタミンとも言われていますが、不妊治療においてもビタミンEはアンチエイジングの効果を期待出来ます!

ビタミンEで着床しやすい子宮環境に改善

ビタミンEには、抗酸化作用という効果があります。

抗酸化作用とは、体の錆びの原因となる活性酸素に対抗し、活性酸素の働きを抑制させる作用のことを指します。

現代人はストレスや喫煙、睡眠不足などから活性酸素が増えやすい環境にあり、その影響で卵子や精子の急速な老化が進んでいる人も多いそうです。

 

そこで最近の医療では、ビタミンEを摂取することで活性酸素から卵子や精子が守られ、妊娠しやすい体へと繋がっていくのでは?と考えられています。

また、ビタミンEには血流を改善させる効果もあり、薄い子宮内膜を厚くするために病院でビタミンE剤を処方される事もあります。

あおい
あおい
私も昔は子宮内膜が薄くて(排卵日に5mmなど)、病院からユベラ錠を処方されていました

ビタミンEの摂取量の目安

ビタミンEの1日の摂取量の目安は、健康を維持するための目的の場合で6㎎。

しかし、子宮内膜を厚くするなどの目的の場合は1日に400~600㎎必要となります。

この量を市販のビタミンEのサプリから摂取するとなると、かなりの量が必要となります。
そのため、子宮内膜の薄さの改善を図る目的で摂取したい人は、かかりつけのお医者さんに相談して処方してもらう事をおすすめします。

created by Rinker
ディアナチュラ
¥531
(2019/10/22 18:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ妊活サプリ ③ビタミンD

続いて紹介するのは、ビタミンD

ビタミンというと、B、C、Eあたりが有名で、
ビタミンDはあまり聞きなれない方も多いと思います。

しかし、妊活においてビタミンDは非常に重要な役割を果たしてくれます。

ビタミンDには受精卵の着床をサポートする力が

とある研究で、血中ビタミンDが高い人と低い人を分けて分析したところ、

血中ビタミンDが高い人の方が多く妊娠した

という論文があります。

 

つまりこれは、ビタミンDは着床をサポートする効果が期待できるということです。

あおい
あおい
体外受精などの高度な不妊治療を行っている人の間では、ビタミンDをお守り的存在として飲んでいる人も多いです

ビタミンDの摂取量の目安

通常、ビタミンDは日光を浴びることによって体内で生成されるビタミンです。

しかしその反面、日光にあたる時間が少ない季節(梅雨や冬)は低下しやすい栄養素でもあります。

 

ビタミンDの推奨量は厚労省にて1日に220IUとされていますが、これはあくまで最低ラインでの推奨量。

しっかりビタミンDを補う場合は1日600IU必要となります。

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥660
(2019/10/22 18:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ妊活サプリ ④EPA&DHA

最後にご紹介するのは、EPA&DHA

オメガ3系脂肪酸で有名なEPA&DHAは、血中中性脂肪の上昇を抑える効果が期待できるなど、ダイエットをしている人や健康に気を遣っている人たちの間で話題の栄養素です。

あおい
あおい
DHA&EPAは魚から摂取できる栄養素ですが、我が家は普段あまり食卓に魚料理を出さないのでサプリでEPA&DHAを補っています

EPA&DHAで妊娠率がグンと向上する!?

体外受精を実施する女性のオメガ3系脂肪酸を測ったところ、

DHA&EPA濃度が1%上昇すると妊娠率と出産率が8%高かった

という報告がアメリカからあったそうです。

あおい
あおい
血中のDHA&EPAがたった1%上昇するだけで、妊娠率が8%も上がるなんてすごいですよね!

 

ちなみにEPAに限った場合、EPAが1%上昇すると

  • 妊娠率が10%高くなった
  • 出産率が15%高くなった

とのことです!

DHA&EPA(特にEPA)、試してみる値アリですね!

EPA&DHAの摂取量の目安

EPA&DHAは体内で産生できない栄養素なので、食事もしくはサプリで摂取する必要があります。

摂取量はオメガ3系脂肪酸(DHA&EPA、α-リノレン酸)として、
1日あたり2g程が目安とされています。

EPA&DHAは血液をさらさらにする効果もあるので、健康的な体を維持する為にもオススメしたいサプリです。

妊活サプリを飲んで妊娠に適した体に

ここまで私が現在飲んでいる4種類のサプリについてご紹介しましたが、

妊活に良いのならこのサプリも、あのサプリも飲もう!

と、手あたり次第に飲むのはおすすめしません。

 

サプリはあくまで、不足している栄養素を補うための栄養補助食品です。
食事からの摂取で十分足りている場合は、サプリを飲む必要はありません。

やみくもにあれもこれもと手を出さず、
まずは自分の食生活から不足しがちな栄養素は何なのか見極めることが大切です。

 

その上で、

  • 食事だけで推奨量を摂取するのが難しい
  • 加熱すると栄養素が減ってしまうので調理が難しい
  • 多忙で食事を抜くこともあるので効率良く確実に摂取したい

このような場合に、サプリを頼りましょう!

妊活サプリは最低3周期は続けて飲もう

サプリは薬と違って効果を感じにくいです。

ですから、「数日飲んでも効果が出ないから飲むのやめよう」とは考えずに、
まずは最低3周期くらいは飲み続けるようにしましょう。

あおい
あおい
皆さんも、自分に合うサプリが見つかりますように!