妊活アイテム

おすすめ妊活本・雑誌ランキング!妊活を始めたらこれを読もう

妊活本・雑誌5選

妊活とか不妊治療って人に相談しづらいこともあるし、病院で聞くのも先生が忙しそうで気が引ける…」と、思ったことはありませんか?

そんなときこそ読んで欲しいのが妊活本や雑誌。
妊活で知っておきたい情報や不妊治療の体験談などが載っており、私も何冊か購入して参考にしています。

今回は私が実際に読んで良かったと思う、おすすめの妊活本・雑誌5冊をランキング形式で紹介します。
妊活を始めたばかりの人や、本選びで迷っている人の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

1位 不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」

著書は東海地方で有名な浅田レディース名古屋駅前クリニックの院長である浅田 義正先生と、妊娠・出産・不妊症専門のジャーナリスト河合 蘭さん。

妊活を科学的に解説し、妊活の基礎知識から不妊治療の奥底まで徹底的に紹介しており、これから妊活を始める人はもちろん不妊治療中の人も読んでおきたい本です。

専門用語が多く少し読みづらい部分もあるかもしれませんが「女性の2~4割の人に子宮筋腫がある」など、統計を具体的に分かりやすく記載しているのでとても参考になります。

あおい
あおい

私もこの本は何度も読んでいます!
ベビ待ちするならまずはこれを読むべし!と言えるくらい、妊活・不妊治療の知識がぎゅっと詰まっています。

この本のレビュー
不妊治療をしていなくても妊娠の知識が得られ勉強になります。
妊活雑誌と比べて医師が書いているので信ぴょう性も高いです。
病院で説明を受けても分からなかった治療法の選択基準、妊娠のメカニズムを知ることができました。

 

2位 妊活たまごクラブ

出版社は通信教育でお馴染みのベネッセコーポレーション。

内容は「赤ちゃんが欲しくなったら最初に読む本」というキャッチコピーの通り、妊活の初歩的な基礎情報がメインの妊活情報誌です。

妊活経験のある芸能人へのインタビュー記事や、妊活ごはん、男の妊活なども書かれておりさまざまな場面で参考になる情報が書かれています。

この本のレビュー
妊活を始めたので購入しました。
妊活の右も左も分からない自分でも、分かりやすく書かれていたので今後の参考になりました。
夫婦で一緒に読みました。男の自分は何をするのか、何をすべきなのかが書かれていてタメになりました。

 

3位 赤ちゃんが欲しい

出版社は主婦の友。「赤ちゃんが欲しい」は年に4回(春夏秋冬)発行されています。

妊活の情報はもちろん、治療にかかるお金の明細や妊活パワースポット紹介など、雑誌ならではの役立つ情報が盛りだくさん載っています。

また、妊活のお守りジンクスのある「さるぼぼ」や「こうのとりキティ」などの付録が付いてくるのも人気のひとつです。

この本のレビュー
こうのとりキティが付録だったので、つい買っちゃいました。
本と違ってオールカラーで写真もたくさんあるので読みやすいです。
病院紹介のページは特に参考になりました。
人にはなかなか聞けない治療費などのデータが載っていて参考になりました。

 

4位 ベビ待ちココロの支え方 あきらめない妊活、31のコツ

結婚6年目にして、流産と不妊治療を乗り越え待望の第一子を授かった矢沢 心さんの「あきらめない妊活」の心の持ち方を伝えた本。

妊活・不妊治療中で心が疲れてしまったときに読むと「明日からまた頑張ろう!」と元気をもらえるような本です。

あおい
あおい
私は特に第2章の「若いから大丈夫、なんてウソだった」に共感しました。
実際に不妊治療を経験したからこそ言える言葉で、矢沢さんの当時の辛さがとても伝わってきました。
この本のレビュー
病院の待合室にあったので読みました。みんなベビ待ち中は同じように辛いんだなと改めて感じました。
妻と一緒に不妊治療を受ける夫として魔裟斗さんの優しい言葉がけや、周りのサポートなどの重要性を学びました。
これからも妻と不妊治療を頑張りたいです。

 

5位 卵子の老化に負けない 「妊娠体質」に変わる栄養セラピー

Amazonの「不妊症」でベストセラーの本といえばこの本。

著者は福岡県の古賀文敏ウイメンズクリニックの院長である古賀 文敏先生と、栄養カウンセラーの定真理子さん。

コレステロール、糖質制限、ビタミンDなど妊娠のための栄養新常識を紹介しており、最新栄養医学に基づく栄養セラピーで「妊娠体質」を目指す内容が書かれています。

この本のレビュー
〇〇と〇〇を一緒に摂ると良い、流産防止などすごく参考になりました。
いつもの食事に気を遣っていこうと思います。
読む前は「食事で変わるわけない」と思っていましたが、実際に読んでみると栄養の大切さや今までしらなかった知識がたくさんあり勉強になりました。
スポンサーリンク

おわりに

おすすめしたい妊活本・雑誌はこの他にもたくさんありますが、

  1. 不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」
  2. 妊活たまごクラブ
  3. 赤ちゃんが欲しい
  4. ベビ待ちココロの支え方 あきらめない妊活、31のコツ
  5. 卵子の老化に負けない 「妊娠体質」に変わる栄養セラピー

とりあえずこの5冊を読めば、妊活基礎知識、栄養の知識、妊活中の辛い気持ちに打ち勝つ方法を学ぶことが出来ます!

私自身とても参考になりましたし、妊活にあまり積極的でなかった夫も本を読んでから変わりました。
妊活本は旦那さんへの妊活教材としておすすめです!(笑)

あおい
あおい
現在ベビ待ち中の人も、これから妊活する人も、ぜひ本屋さんやネットで購入してみてください♪
そして夫婦で読んで妊活の励みにしてくださいね♥