ポイ活で節約

ポイントサイトって危険?ポイントサイトを登録する際にチェックすべきこと

主婦雑誌やビジネス雑誌で「ポイントサイト」の特集を組まれる事が増え、ポイントサイトの認識度が高まってきました。

しかし中には

ポイントサイトって危険なんじゃないの?

と思う方もいるでしょう。

残念ながら安全なポイントサイトを装って、ユーザーからお金を騙し取るサイトが存在していることは事実です。

ではどんなポイントサイトを選べばいいのか、どんなポイントサイトは避けるべきなのか知りたいですよね。
そこで今回はポイントサイトを登録する際にチェックしておくべきポイントをまとめました。

あおい
あおい
ポイントサイト選びの一つの指標にしてみてください

怪しいポイントサイトってどんなの?

怪しいポイントサイトの特徴をいくつか挙げて、なぜ怪しいのかご説明していきます。

新規登録への誘導が過激

たまにこんな文言を目にします。

「今なら新規会員登録だけで2万円プレゼント!」

登録だけで2万円貰えるの?登録しちゃお~

と思ってしまう方、注意です!

一般的なポイントサイトの登録特典は多くても1,000円ほど。新規会員登録だけで2万円というのは明らかにおかしいです。
詳細欄などに小さな文字で抽選に関する事項が記載されていたりもしますが、そのような大事なことはもっと分かりやすく載せる必要があります。

あおい
あおい
詳細や備考があまりにも目立たず、登録をやたらと促すポイントサイトは気を付けましょう

運営会社情報の記載がない

運営会社の情報の記載がないというのは、明らかに身分を隠している証拠ですね。
そんな会社に登録すれば自分の個人情報を悪用される…これは皆さんも想像出来るかと思います。

ポイントサイトに登録する際には運営会社の情報をしっかり確認し、実在している会社であることを確かめましょう。

ポイント交換がしづらい

詐欺まがいのポイントサイトはユーザーが獲得したポイントを換金させないように必死です。

例えば以下のような規約があるポイントサイトは要注意です。

  • ポイント交換手数料 500円
  • ポイントレート 1,000ポイント=1円
  • メンテナンスを装い交換休止にする

一般的なポイントサイトの交換手数料は高くても100円程度、レートも20ポイント=1円くらいが最大です。

交換の際に多額の手数料が必要だったり、ポイントを溜めにくくしたりすることは詐欺サイトでよくみられる手段なので注意しましょう。

どんなポイントサイトなら安全?

ではいったいどんなポイントサイトならば安全かと言うと…

  1. 会社情報を細かく公開している
  2. ユーザー数が〇〇万人と多い
  3. サイト運営歴が長い(もしくは運営母体の歴が長い)
  4. SSLを導入している
  5. JIPC(日本インターネットポイント協議会)に加入している
  6. プライバシーマークを取得している

これらを全てクリアしているポイントサイトであれば、まず安心して利用出来ると言えます。

あおい
あおい
1~3は経営状態の安定具合、4~6は自身が安全に利用できるかの指標となります

4~6に関しては以下で詳しく解説します。

SSLとは

インターネット上でのデータのやりとりを暗号化し、第三者に情報をのぞかれたり盗まれたりしないようにするのがSSL(Secure Sockets Layer)です。

引用:ロリポップ

SSLを導入していると、サイトへアクセスする際にサーバーとパソコン間の通信データが暗号化されるので、第3者から自分の個人情報を守る事ができます。

しかし、SSLが導入されていないサイトでは、パスワードを入力する画面や、ユーザー情報設定画面から個人情報を盗まれる恐れがあります。

あおい
あおい
名前、電話番号、メールアドレスなどが悪用される可能性があります!

SSLを導入しているサイトはサイトURLが「https」から始まります。
導入していないサイトでは「http」から始まるので、新規会員登録する際には登録ページがSSL化されているか確認してみましょう。

JIPC(日本インターネットポイント協議会)とは

日本インターネットポイント協議会とは、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行及びポイント流通に関わるインターネットポイント・サービス提供者で、オープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

引用:JIPC

JIPCが掲げる約束
誠心誠意、サービス運営を行ってまいります。
ユーザーの皆様の利益を損なうことのないよう努めます。
ユーザーの皆様からのポイント交換は何時でもお受けします。
サービスの終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1ヶ月前に必ずご連絡いたします。
JIPCは、上記内容を遵守しないポイントサービス、会社の加盟は許しません。

引用:JIPC

JIPCと言うのはポイントサイト業界の啓発活動と、ユーザー、広告主の満足度向上を目的とした非営利団体です。

このJIPCに加入しているポイントサイトであれば、経営不振で突如サービスが終了してしまう場合に最低1カ月前に必ず知らせてくれるなど、ユーザーが損をしない対策をするという決まりが定められています。

安全なポイントサイトは必ず加入している!という訳ではありませんが、加入しているサイトはより安心安全と言えます。

JIPCに加入しているサイトには以下のマークが設置されています。

JIPC加入マーク

プライバシーマークとは

「プライバシーマーク制度」は、企業や団体など(事業者)の個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく示す制度です。1998年から一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営しています。
このマークは、日本工業規格「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいた基準に適合した事業者のみ使用が認められます。プライバシーマークの使用が認められた事業者はプライバシーマーク付与事業者※ と呼ばれ、「個人情報」を大切に取り扱う事業者として、ホームページや名刺、ポスターなどにプライバシーマークを使用しています。

引用:JIPDEC

プライバシーマークと言うのは「個人情報を大切に扱います」という企業からの約束の証です。

プライバシーマークを取得・維持するには申請資格を満たし、費用を収めていることが条件となります。
申請資格は細かく定められており、この条件にクリアしているポイントサイトであれば、個人情報を悪用される心配はまずいりません。

登録する際にはサイトにプライバシーマークが設置されているか確認してみて下さい。
(プライバシーマークはサイト下部に設置されていることが多いです)

プライバシーマーク

まとめ

ついうっかり詐欺サイトに登録してしまわないように、ポイントサイトに登録する際には上記の注意点に気を付けましょう。

これで必ず100%自分の身を守れます!とは断言出来ませんが、ある程度の危険から身を守る事は出来ます。

あおい
あおい
安心安全にポイ活するための確認ですので、不審に思う事はきちんと調べて、危ないサイトには手を出さないようにして下さいね
ポイ活まるわかりガイド!おすすめサイトとポイント活用方法まとめ最近SNSで「ポイ活」というワードを目にする機会が増えてきました。 ハッシュタグで「ポイ活」と検索すると とポイ...