不妊治療

子宮内容除去術(流産手術)流れや費用、気を付けること| 私の体験談

流産手術アイキャッチ画像

2018年11月下旬

5回目の妊娠も流産となり、人生3回目の子宮内容除去術(流産手術)を受けてきました。

今回は、これから子宮内容除去術(流産手術)を受ける方、またそのご家族に向けて、実際に私が手術を受けた時の体験談をご紹介します。

流産の悲しみの中、この記事に辿り着いたあなたの参考になれば幸いです。

6w4dアイキャッチ
【5回目の妊娠記録】心拍確認から稽留流産に… | 6w4d恐れていた絨毛膜下血腫も吸収され、ほっとしたのもつかの間。 悲しいことに今回の妊娠も流産となってしまいました。 この記事では心拍...

子宮内容除去術(流産手術)とは

子宮内容除去術(流産手術)とは

子宮内に着床した胎児(胎芽)=赤ちゃんが亡くなってしまった、これ以上生存できない

と診断された際に、人工的に妊娠組織を排出させる手術のことです。

 

子宮内容除去術(流産手術)が対象となる流産は

流産には種類があり、以下の4種類に分けられます。

  1. 稽留(けいりゅう)流産
    胎児(胎芽)が子宮内で亡くなっているが、母体に腹痛や出血などの症状が発生していない状態
  2. 進行流産
    母体に腹痛や出血などの症状が現れており、流産が進行している状態
  3. 完全流産
    腹痛や出血に伴い、妊娠組織(胎嚢など)がすでに子宮外に排出され、流産が終わっている状態
  4. 不全流産
    腹痛や出血に伴い、妊娠組織(胎嚢など)が子宮外に排出されたものの、一部組織がまだ子宮内に残っている状態

このうち、子宮内容除去術(流産手術)が対象となる流産は
稽留流産」「進行流産」「不全流産」の3つです。

 

子宮内容除去術(流産手術)の手術方法は

子宮内容除去術(流産手術)には「掻爬(そうは)法」と「吸引法」の2種類の手術方法があります。

  1. 掻爬法
    特殊な器具を使い、子宮内膜を掻き出すかたちで妊娠組織を排出させる手術。
  2. 吸引法
    機械の陰圧を利用し、吸引をかけて穴の開いた金属棒で妊娠組織を吸い出す手術。

手術方法はその病院の設備や医師の熟練度などによって異なりますが、吸引法は機器の洗浄や消毒の手間がかかるので、掻爬(そうは)法で手術を行っていることが多いようです。

 

子宮内容除去術(流産手術)の手術時間は

子宮内容除去術(流産手術)の手術は掻爬(そうは)法も吸引法も、手術自体は10~20分ほどで終わるのがほとんどです。

あおい
あおい
手術の際には静脈麻酔をかけるので、術中に痛みを感じることは基本的になく、だいたいは寝ている間に終わります。
スポンサーリンク

子宮内容除去術(流産手術)の流れ

これより先では、今回(2018年11月)私が受けた子宮内容除去術(流産手術)の流れをご紹介します。

人によっては処置内容が違うこともあるので、あくまで参考程度としてお読みください。

 

11:00 | 流産と診断、子宮内容除去術(流産手術)が必要と言われる

朝から強い腹痛と出血があり、医師に診てもらうと、数日前に確認出来た赤ちゃんの心拍が停止していました。

医師
医師
残念ながら今回は流産です。
腹痛と出血があるので急いで手術しましょう。
このまま提携先の病院に搬送して、緊急手術を受けてもらいます。
手術の詳しい説明は搬送先の病院で聞いてください。

通院している病院では子宮内容除去術(流産手術)自体は行っているものの、緊急手術は出来ないとのことで提携先の病院に行くこととなりました。

私は先生に「稽留流産」と言われましたが、このとき既に出血と腹痛があったので「進行流産」だったんだと思います…

 

13:00 | 先生から手術内容の説明を受ける

手術を行う病院に移って診察室に入ってすぐ先生から「流産手術同意書」を渡され、私と夫がサイン。(夫に病院から連絡があったようで、仕事を抜けて駆けつけてくれました。)

さらに先生が、流産手術のリスクについて夫に説明し、その間私はストレッチャーに乗せられ手術室に移動。

本来は手術前に前処置が必要となることが多いです。

前処置とは子宮口を広げる処置のこと。
ラミナリアと呼ばれる棒状のものを子宮口に挿入し、時間をかけて子宮口を開きます。
(手術中に器具で子宮口に傷が付かないようにするため。)

基本的に出産経験のない人、子宮口が閉じている場合に必要となります。

しかし、今回私の流産の場合は出血の影響で子宮口が開きかかっており、かつ、緊急を要していたので前処置は行われませんでした。

 

13:30 | 手術の準備、点滴を入れる

脱水症状にならないよう、点滴を入れます。

…けど、朝から飲まず食わずの影響で血管が全く出ない!

あおい
あおい
何度も針を入れては抜いて、完全に点滴が入るまで30分くらいかかりました。

子宮内容除去術(流産手術)を受ける際には、静脈麻酔をかけます。
(病院によっては局所麻酔のところもあり)

術中に胃の内容物が逆流して誤嚥しないよう、基本的には前日の夜から絶飲絶食となります。

(今回私はたまたま前日の夜から絶飲絶食状態だったので、すぐ手術を受けられる状態でした。)

 

13:40 | 麻酔投与、子宮内容除去術(流産手術)開始

手足を固定され(手術中に無意識に暴れることがあるらしいので)

  1. 右腕に点滴
  2. 左腕に血圧計
  3. 左手人差し指に酸素濃度計
  4. 胸に心電図

完全にまな板の上の魚状態です。

複数の看護師さんに囲まれ、次から次へと機械を付けられます。

そして、看護師さんの合図で麻酔科医が点滴の三方活栓から麻酔薬を注入!

医師
医師
では麻酔を点滴を入れていきます。
腕がひんやり冷えたり、ビリビリしびれる感覚があるかもしれませんが大丈夫ですよー

その約3秒後、右腕にジワジワジワジワジワーと冷たくなる感覚が走り、意識がフッとなくなりました。

 

14:00 | 麻酔から目が覚める

目が覚めると、口元に酸素マスクを付けられ、リカバリー室のベッドの上にいました。

監視カメラが付いているのか、私が目が覚めたらすぐに看護師さんがきて酸素マスクを外され、

目覚めましたね。
気持ち悪いとかありませんか?
麻酔が完全に切れるまではここで休みましょうね。

あと2時間したらトイレに行ってもらって尿が出るか確認して、術後の内診受けてもらいますね~。

まだこのとき麻酔が体に残っている私はその後ずーっと、
寝て→起きて→寝て→起きて…を繰り返していました。

麻酔薬によっては、覚醒後に猛烈な吐き気に襲われることがあります。
(私も過去の流産手術で一度だけありました。)

良くある麻酔の副作用なので、我慢せずナースコールを押して看護師さんに気持ち悪いことを伝えてください。

また、麻酔をかける際に唾液の分泌を抑える薬も投与されるかと思います。
その影響で口の中がカラッカラになりますが、看護師さんの許可が出るまでは水は飲めません。

 

16:10 | 尿チェックと流産手術後内診

目が覚めて約2時間、麻酔が切れて意識がハッキリしてきました。

それでもまだ体がふらつくため、看護師さんに支えられながらトイレに入り尿が出るか確認。

自分では尿を出している感覚がよく分からないのですが(麻酔のせい?)、
一応自力で尿を出せたので尿チェックはクリア。

術後内診では、手術後に詰められたガーゼをズルズルズルズル~と引っ張り出され、エコーで子宮内の確認をしておしまい。

 

16:20 | 入院病棟へ移動

今回お世話になった病院では、

朝に入院、昼に手術、夕方に退院する「日帰り入院手術

が基本なのですが、私の場合はお昼から入院だったので一泊入院となりました。

あおい
あおい
日帰り流産手術の場合は、術後内診が終わったらそのままお会計、退院となることが多いです

入院部屋に移動してからは、以下のスケジュールで過ごしました☟

【入院1日目(手術日)】
18:00 夕食の時間
20:00 仕事が終わった夫が面会に来る
21:00 体温・血圧測定
22:00 就寝

【入院2日目(手術翌日)】
6:00 起床
6:30 体温・血圧測定
7:00 朝食の時間
9:00 入院病棟担当医の回診
11:00 退院会計

 

子宮内容除去術(流産手術)にかかった費用

今回、一泊二日入院での子宮内容除去術(流産手術)にかかった費用は…

流産手術費用

29,810円でした。

このうち、入院にかかった費用がおよそ16,000円(食事や個室利用料込み)
子宮内容除去術(流産手術)には約14,000円かかった計算となります。

流産手術の明細書
流産手術明細書
あおい
あおい
子宮内容除去術(流産手術)にかかる費用は病院によって異なりますが、日帰り手術であれば大体3万円くらい持って行けば足りるかと思います

 

子宮内容除去術(流産手術)で気をつけること

私が実際に子宮内容除去術(流産手術)を経験して、
「こうすればよかった」と思うことがあったのでまとめてみました。

 

1.看護師の質問には正しく答える

私がはじめて流産して子宮内容除去術(流産手術)を受けたときの失敗談です。

通常、術前に看護師さんから以下のような質問を受けます。

看護師
看護師
身長と体重は?
お酒は強い?弱い?

 

単にカルテに書いておくためのことや、アレルギーについてかと思っていたのですが…

実はこれ、麻酔の量や効きやすさを確認するための質問だったんです。

そうとも知らず私は適当に答えてしまいました…

あおい
あおい
163cm 42kgです
(2年前のだけど、今は測ってないから知らん)

お酒は弱いです
(普段飲まないから強いとか弱いとか分からん)

実際は49kgで、お酒に強い体質だったようで…
(詐欺しすぎですね、はい…)

本来私の体に必要となるべき麻酔の量が足りず、術中に目を覚ましたり痛い思いをしました。

看護師さんの質問には適切に回答しましょう!

 

2.術後の体調不良は無理しない

術後は腹痛や、麻酔の副作用で頭痛、吐き気などがあるかもしれません

入院する人であれば看護師さんに相談すれば、医師から鎮痛剤を処方してもらうことができると思うので、辛かったら無理せず申し出ましょう。

日帰り入院で当日退院する人は、退院時に何も不調がなくても帰宅後に副作用が出てくるかもしれません。
ですので、帰宅後にそのような症状が出た際に鎮痛剤を飲んでも良いか、退院する時に医師に相談しておくと良いです。

▽辛い痛みにはリングルアイビーがおすすめ▽

 

3.産婦人科病棟に入院する人はメンタル崩壊に注意

産婦人科病棟に入院すると赤ちゃんの泣き声や、陣痛中の妊婦さんのうめき声が聞こえてくることがあります。

流産直後で赤ちゃんを手離してしまった私は、周りの声や音に敏感になり、

あおい
あおい
私も赤ちゃん産みたかった…

とぽろぽろ泣いてしまいました。

一泊入院する人で精神的に不安な人は耳栓を付けたりイヤホンで音楽を聴くなど何か対策をした方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

これから子宮内容除去術(流産手術)を受ける方へ

麻酔や手術への恐怖、今後妊娠しにくくなるのではという不安

待ち望んでやってきてくれた我が子を失う辛さ

「自分を責めないで」と言われても自分を責めてしまう気持ち

どれも痛いほど分かります。

 

麻酔や手術への恐怖は事前の問診にしっかり回答して、
分からないことは先生に聞いて、少しでも不安を減らしましょう。

「今後妊娠しにくくなるのでは…」と思っている方も多いかと思います。
でも、私はすでに3回手術を受けています。
術後もちゃんと生理きていますし、妊娠も出来ています。
だからあまり心配しすぎないようにしてくださいね。

 

大したことは言えませんが、
流産の悲しみや辛さは「時間」が少しずつ癒してくれます

もちろん、時間が経っても流産の悲しみが完全に晴れることはありません。
でも、不思議なことに時間が経つとだんだん元気になってくるものです。

あおい
あおい
これから子宮内容除去術(流産手術)を受けるあなたに、どうか、また赤ちゃんがやってきますように
私の不妊治療歴
【赤裸々妊活ブログ】今までの妊娠、流産、不妊治療を公開します妊活ブログを運営するにあたって、今までの不妊治療歴と妊娠歴(流産歴)をまとめてみました。 あまり参考にはならないかもしれませんが、...