不妊治療

【不妊治療の体験談】不妊治療病院の初診って何するの?診察の流れは?

初めて不妊治療病院の門を叩く時『初診ってなにをするんだろう』とちょっぴり怖く感じてしまう人もいるはず。

私も最初はこれから始まる不妊治療へのドキドキと不安でかなり緊張しました。

不妊治療病院の初診では一体なにをするのか、診察の流れはどんな感じなのか、私の体験談をもとにご紹介します。

不妊治療病院の予約は必須

まず病院に行く前にあらかじめ予約をしていくと良いです。

不妊治療病院はどこも大変混雑しており、予約診療のみを掲げている病院も多いためです。

また、予約をしていても1時間待たされるなどは不妊治療病院において割と当たり前なので時間に余裕を持って行くようにしましょう。

あおい
あおい
私が通院している病院の初診時は待ち時間が約2時間、来院して出るまでに合計5時間かかりました
【不妊治療の体験談】不妊治療をやっている病院ってどんなところ?日本では今や5組に1組のカップルが不妊と言われていることをご存知ですか? 不妊に悩み、これから病院で治療を始めようと考えているご夫婦も...

 

不妊治療病院に行く際の持ち物

不妊治療病院に行く際の持ち物は、まずは保険証。初診ではいろいろと検査をすることが多く、検査費用がかさみます。

保険証を忘れてしまうと全額自己負担となりかなりの金額になってしまうので、保険証は忘れずに持って行きましょう。(旦那さんと一緒に行く場合は旦那さんの保険証も忘れずに。)

その他は基礎体温表やおくすり手帳など、予約の際に指定された持ち物があればそちらも持って行きましょう。

【不妊治療の体験談】初診の際に持って行くといいものみなさんこんにちは、あおい(@aoistyle_com)です♥ 不妊治療病院デビューする際に『何を持っていけば良いんだろう…』と悩...

 

不妊治療病院の初診の流れ

初診時の流れは病院によって若干異なりますが、大体の病院では以下のような流れになっています。

1.問診票に記入をする

受付で初診の旨を伝えると問診票の記入を促され、以下のようなことについて記入します。

基本情報名前、住所、電話番号、生年月日、病歴、服薬の有無など
生理について生理周期、生理に関する悩みなど(生理痛が重いなど)
過去の妊娠の有無過去妊娠、出産、流産、中絶の有無とその時期
過去の検診、予防接種子宮がん検診の結果、風疹予防接種の実施時期
過去の不妊治療検査これまでに不妊治療検査をしたことがあるか、結果も合わせて
パートナーの基本情報パートナー(夫)の名前、生年月日、病歴、服薬の有無など

 

内科や耳鼻科などの病院とは異なり、不妊治療病院では記入欄がかなり多いです。

病院によっては事前にネットから問診票をダウンロードして記入できるところもあるので、出来るなら家で旦那さんと一緒に記入することをおすすめします。

 

2.診察室で医師と不妊治療内容の相談

具体的な不妊治療計画を立てるために、診察室で医師と以下のような内容について話します。

  • 不妊の期間はどのくらいなのか
  • 夫婦生活はどのくらいの頻度でしているか
  • 治療を行うにあたって不安な点はないか
  • その他質問など

 

私の場合、一般的な不妊治療のステップ(タイミング法、人工授精、高度不妊治療)の流れや今後行っていく検査のスケジュールについては、看護師さん(不妊カウンセラー)から別室で説明を受けました。

あおい
あおい
不妊治療を始めてする人でも分かりやすいように絵や図などを使って説明していただけたので今後の治療の内容をしっかり把握できましたよ♡

 

3.内診室でエコー検査

不妊治療の具体的な説明が終わったら早速不妊治療スタート。
まずはエコー(経膣超音波)を使って子宮や卵巣の状態を確認されました。

エコーでは子宮内膜の状態、卵巣の腫れ、卵胞の発育などを診ます。生理痛が重い、月経量が多いなど問題を抱えている人はエコーで原因が見つかる場合もあります。

エコーでの診察の際、脚をパカッと広げる椅子に座ります。ズボンやサロペットなどを履いていくと着替えに手間取ってしまうので、ワンピースやスカートで行くことをおすすめします。

 

4.血液検査

エコー検査の次は血液検査へ。血液検査では以下の項目を検査しました。

血液化学検査血糖、貧血異常の有無を判断するため
内分泌学的検査妊娠に適したホルモン値であるかどうか
末梢血液一般検査白血球、赤血球など一般的な血液検査内容
性感染症検査(自費)クラミジア、肝炎、HIV、梅毒など
AMH(自費)卵巣にどの程度卵子が残っているか調べる検査

 

初診の血液検査では健康状態、妊娠に適した状態のホルモン値であるのかの確認など、性感染症の検査を実施しました。

がん検診を受けていない人や風疹ワクチンをしばらく打っていない人などはその検査も合わせて行う場合もあります。

 

5.お会計

私が初診でかかった費用は

  • 保険適用 4,700円(初診料、エコー代、一部の血液検査)
  • 自費 21,700円(性感染症血液検査、AMH血液検査)

合計26,400円でした。

 

不妊治療検査は保険適用外となる項目が多いのでかなり費用がかかります。もし旦那さんと一緒に受診する場合は旦那さんの検査費用も発生します。

初診の際には現金を多めに持って行くようにしましょう!

あおい
あおい
病院によってはクレジットカードの支払いも出来るので窓口で確認してみて下さいね

次回受診時は

不妊治療での検査は生理時期によって出来る検査と出来ない検査があります。(生理中は〇〇検査、生理終了から排卵前までは〇〇検査と分けられています。)

ですので最初の数回の受診はほぼ検査の連続となり、次回受診時は初診で行った検査の結果報告と別の検査実施となります。

あおい
あおい
最初のうちは大変だけどこれも妊娠のため、頑張りましょうね…